江戸川女子中学校


info

江戸川女子中学校・高等学校で過ごす6年間

中高一貫教育で、品性と知性を身につけた「自立した人間」の育成を目指し、人を思いやる心を育むとともに、感性や教養、思考力の養成を図ります。そんな江戸川女子中学校・高等学校で過ごす6年間を覗いてみましょう。

学園の特色

受験生のみなさんは中学・高校の6年間をどのように過ごしたいと思っているでしょうか。
勉強やクラブ活動、あるいは趣味や遊びと、その思いはさまざまでしょう。そんなみなさんの希望をかなえるシステムが、江戸川女子中高の特色として挙げられる「Ⅰ 65分授業、Ⅱ 6カ年一貫教育」です。
65分授業に移行してから、1コマが15分長くなった分、深く掘り下げた授業が可能になりました。また、6カ年一貫の利点を生かし、無理なく高校の授業内容に進めます。

学園の特色

江戸川女子中学校の「学習計画」

国際コースを新設

本校では来年度(令和三年度)より、「世界を舞台に活躍できる、真の国際人の育成」を目標に、国際コースを新設します。

国際コースでは、中学入学時点での英語の力に応じて「Advanced Class」と「Standard Class」に分かれ、更なる英語力の向上と国際感覚の醸成を目指します。

本コースではネイティブの教員が副担任についたり音楽や美術の授業も英語で行ったりと、英語にあふれた毎日を過ごすことができます。国際社会へ飛び立つ基礎を養う国際コースに要注目です。

【1】副担任はネイティブの教員が担当します。
国際コースではネイティブの教員が副担任を担当することで、授業以外でも日常的に英語でコミュニケーションを取る機会を増やします。
【2】英語は少人数制授業を実施します。
国際コースでは英語はクラスを2分割して授業を実施します。これによって、生徒の学習状況に合わせたきめ細やかな指導が可能になり、生徒一人一人の力を伸ばします。
【3】第2外国語として中国語の勉強ができます。
中学2年生から希望者を対象に、毎週1時間「中国語」を学ぶことが出来ます。中国語を学ぶことで、英語圏だけでなく、より広い世界についての興味・関心を引き出していきます。
【4】音楽・美術の授業は英語によるイマージョン教育を行います。
音楽・美術の授業をネイティブ教員とのティームティーチングで行います。「英語を学んでいる」という意識を強く持たずに自然な形で英語に触れることで、様々な場面で積極的に英語を使おうとする姿勢が身につきます。

進学実績

28年 29年 30年 31年 令和2年
国公立 57名 49名 54名 54名 54名
早・慶・上智
東京理科
89名 69名 65名 64名 76名
明治・青山・立教
中央・法政・学習院
172名 186名 116名 150名 171名
医学部医学科合格者
東京慈恵会医科大学 1名
日本医科大学 1名
東邦大学 1名
日本大学 1名
国際医療福祉大学 1名
近畿大学 1名
杏林大学 1名

東京工業大学、東北大学、大阪大学等の国立大学に多数合格。指定校推薦枠が約150校、650名ある中で、指定校推薦での進学は57名が進学。早・慶・上智・理科大や明治・青山・立教・中央・法政・学習院以外に薬学部(北里・東邦・明治薬科・星薬科・日本など)にも進学しました。国立大学の推薦(東京外国語大学、筑波大学、東京都立大学等)にも合格しています。

江戸川女子高校の進学実績

特色のある授業 3年間で稽古ごとは4種類

中学校3年間では、日本の伝統文化を学ぶ時間を授業の中に組み込み、1年で礼法を兼ねて茶道、2年では筝曲、3年ではお花に親しむ華道を学びます。
さらに各学年の音楽の授業では、弦楽器を練習します。そして、2年の終わりには筝曲、3年前期の終わりには、弦楽の発表会を開催し、保護者の方々にもご覧いただいています。この経験は、生徒たちの人間形成の一助になることでしょう。

特色のある授業

江戸川女子中学校の「特別教育活動」

施設

  • エントランスホール

    正面玄関を抜けると、明るいエントランスホールが広がります。大理石の床・壁・柱と繊細な装飾が施された階段の手すりが、女子校らしい優雅な雰囲気を醸し出しています。

  • パティオ

    石畳の敷き詰められたパティオ(中庭)は、生徒のお気に入りナンバー1の場所です。天気の良いお昼休みは、ここがランチの特等席。陽光が降り注ぐ明るいパティオには、テーブルとイスが設置されているので、休み時間や放課後は生徒たちの笑い声でいっぱいになります。

江戸川女子中学校の「施設・環境」

新講堂・体育館が2014年秋に完成しました

複合型ホールの中心は演奏会仕様の講堂。体育館・舞踊兼武道場・多目的ホールも併設された建物です。本校舎とは空中で渡り廊下で結ばれます。

かたばみ祭(文化祭)

生徒会中心で行われる、本校最大の催し。パティオの催し物は、校舎のすべてのフロアから見ることができるので大人気です。

江戸女の学園祭「かたばみ祭」

クラブ活動

文科系、運動系のクラブがあります。関東大会や全国大会を目指す部から、週1回集まって和気あいあいと楽しむ部までいろいろですが、入学したら、どこかの部に入部することをお勧めします。

江戸川女子中学校・高等学校の「クラブ活動」

社会科見学

中学生は年2回社会科見学を実施しています。1年生は江戸東京博物館や横浜へ、2年生は鎌倉や川越へ、3年生は国会議事堂などへ行き、さまざまな事柄を見聞してきます。グループ行動で現地集合・現地解散。この自主研修では、探究心を養うとともに、責任を持って行動することを学びます。

江戸川女子中学校の「年間行事」

修学旅行

3年の修学旅行は、初日の朝東京を発ち、昼からの自主研修を終えて、夕方5時、奈良に現地集合です。2日目は平等院を見学後、京都市内へ入り、午後は自主研修です。3日目はまる1日自主研修で京都市内をまわり、4日目は建仁寺と南禅寺を見学後、新幹線で帰京します。 このように日程のほとんどを、班ごとの計画に沿って見学地をまわるので、自主性が最も必要とされる行事です。

English Speak-Out Program

2020年の大学入試改革の対策として、2015年度入学生から、年度末の3日間、英語による自己表現の集中トレーニング(校内実施、全員参加)を実施しています。12人程度のグループにネイティブの講師が1人つき、少人数で発音、リスニング、スピーチ、異文化理解などのレッスンを受け、最終日には全員が自己紹介のスピーチを行いました。(写真左は少人数に分かれた授業風景、写真右は各グループの代表者が、クロージングセレモニーでスピーチした後の記念写真)終了後のアンケートには、予想以上の成果が表れていました。

data
学校名 江戸川女子中学校
所在地 東京都江戸川区東小岩5-22-1
校種 私立/女子校
交通 JR総武線「小岩」徒歩10分。京成線「江戸川」徒歩15分。
HP http://www.edojo.jp/

学校紹介

  • 江戸川女子中学校
  • 桜美林中学校
  • 洗足学園中学校
  • 千葉日大第一中学校
  • 千葉明徳中学校
  • ヴェリタス
▼高校受験・入試情報へ
市進 受験情報ナビ
▼小学校受験・入試情報へ
桐杏学園
▼小学生・保護者の皆さまへ
  • 港区三田の幼児保育・学童保育
    クランテテ
  • 市進教育グループの民間学童
    ナナカラ
▼市進教育グループの個別指導
一人と向き合いじっくり伸ばす個太郎塾
▼市進教育グループの家庭教師
プロ家庭教師ウイング
▼茨城の中高受験指導は
市進グループ 茨進
▼学校の先生へ
  • 指導者向け・技術者向けDVD販売 ジャパンライム
  • 市進研修サービス

facebook市進学校情報 市進学校情報へ


TOP