コラム「そうだったのか!中学入試」
トップページ > コラム「そうだったのか!中学入試」 > 第130話「新タイプ入試のあれこれ――英語入試・思考力入試・プレゼン入試――」

第130話「新タイプ入試のあれこれ――英語入試・思考力入試・プレゼン入試――

2018年10月1日

従来の私立中学入試ではほとんどが国語・算数の2科目入試あるいは国語・算数・理科・ 社会の4科目入試でした。近年では公立中高一貫校との併願受験者のために「適性検査型 入試」を実施する私立中も増え、さらにここ2~3年で「英語入試」「思考力入試」「プレゼン 入試」などの新タイプ入試を導入する学校が急速に増えています。いくつかの新タイプ入 試を取り上げて具体的にどんな入試なのかを見てみます。なお新タイプ入試は全て従来型 の2科入試や4科入試との選択入試です。また新タイプ入試を導入している学校でも現時点では定員配分から見て2科入試や4科入試がメインであることは間違いありません。

1.英語入試

御存じのように2018年4月より小学校で英語教育の義務化がスタートしました。
いままでは「外国語活動」として英語が必修化されていましたが、ほとんどの小学校で5年,6年で英語の歌やゲームで「英語を楽しむ」「英語に親しむ」授業が行われていました。2020年の英語教育義務化完全実施にむけて、今までの外国語活動は3年・4年に前倒しされ、英語教育が義務化される5年・6年では英語も正規の教科として国語や算数などと同様にテストなどによって成績がつくようになります。また今までは各小学校に任されていてバラつきが大きかった指導内容や指導方法もカリキュラムや教材が決められて統一されていきます。

この小学校への英語教育導入の動きに合わせて中学入試(一般入試)で英語を入試教科として導入する動きが急速に広がっています。首都圏模試センターの調べでは2018年の首都圏中学入試では112校が英語入試を実施したとのことです(前年は95校)。また今後さらにこの動きは加速しそうです。

 

それでは英語入試はどのように行われているのか具体的に見ていきます。

・英語入試は「選択入試」
帰国生入試では英語を必修とする学校が一部にありますが,一般入試では英語入試は「必修」ではなく「選択」として行われます。(唯一の例外は来春開校のさいたま市立大宮国際中等教育学校)

具体的には次のようなパターンです。

(男子校)

佼成学園 8回の入試のうち2/1の第1回一般で(国語・算数)か(算数・英語)または4科の選択

東京都市大付 5回の入試のうち2/2のグローバル入試で(英語・算数)と日本語作文。

(女子校)

跡見学園 7回の入試のうち特待入試3回で思考力入試と合わせて10名の定員で英語スキル入試。漢字力・計算力が50点満点・30分と英語筆記が50点満点・20分,英語面接が100点満点で約7分。

川村 6回の入試のうち定員30名の2/1のプレミアム入試で(国語・算数・英語・自己表現)より2科選択。また2/1PMのセレクト入試①、2/3のセレクト入試②、2/6のセレクト入試③の3回合わせて20名定員の入試で(国語・算数・英語)から2科選択。英検資格取得者は考慮あり。英検準2級は加点される。


共立女子
共立女子
共立女子 4回の入試回のうち定員20名の2/3のインタラクティブ入試で(算数と英語インタラクティブトライアル)の2科入試。「英語インタラクティブトライアル」とは英語を媒介とする主にゲームや対話などを通して英語の理解力や英語を用いてのコミュニケ―ションを測る入試。ネイティブの先生と受験生6人程度で会話はすべて英語。英語のレベルは英検3級以上。40分,100点満点。




昭和女子大昭和 6回の入試回のうち本科A・B・Cとグローバル留学コースGA・GBの5回の定員合計130名の入試で2科か3科(国語・算数・英語)か4科の選択入試。英語受検者で英検2級以上取得者は、英語試験免除。

星美学園 6回の入試回のうち2/2PMの定員20名の4回英語型入試で(国語・英語または算数・英語)の2科入試。

トキワ松学園 6回の入試回のうち定員10名の2/1PMの英語コミュニケーション入試で(国語・英会話か算数・英会話)の2科入試。英語のレベルは英検4級~5級程度。

清泉女学院 2/3PMの定員5名の3期入試で(4科または3科またはグローバル入試)の選択。3科入試は国語・算数・英語で英語のレベルは英検4級程度。グローバル入試は定員若干名の英語1科入試で、リスニングを含む英語面接。英語のレベルは英検準2級から2級程度とかなり高い。

(共学校)

啓明学園 3回の入試は全て2科(国語・算数または国語・英語)入試。

淑徳巣鴨 6回の入試のうち2/2一般2回の定員25名「未来力入試」で「思考の基礎力」と「思考の展開力」

目白研心 7回の入試回のうち2/2、2/5の一般入試の定員と合わせて各10名の英語スピーチ入試1回・2回で事前に与えられたテーマについて返答を英語でスピーチ(150~300word)。また英語のインタビューに対し英語でこたえます。


慶應湘南藤沢
慶應湘南藤沢
慶應湘南藤沢 2019年入試より4科または3科(国語・算数・英語)入試になります。御三家や早慶付属校などのトップクラスの学校では初の一般入試における英語入試です。 英語は帰国生入試の問題と同一問題でレベルは英検2級から準1級程度とさすが慶應という超ハイレベルです。おそらくこの3科入試を実際に受験するのは、受験資格の要件に当てはまらないので帰国入試では受験できない帰国生が多いのではないかと思われます。



以上は英語入試実施校の一部ですが,概して男子校では実施校は非常に少なく、共学校の 実施校はあまり多くありません。女子校では実施校が目立って多くなっています。

2.思考力入試

中学入試で「思考力入試」が広範に導入されるようになった背景には大学入試の動向 が関係しています。ズバリ言えば大学入試で思考力を問う問題が急速に拡大しており、 中学入試でそれを追っかけているというのが実情でしょう。

「思考力入試」と言われている入試には様々なものがありますが、共通する特徴とし て以下のようなことがあげられるでしょう。

 

 ① 記号選択や抜出ではなく主に論述式の回答が求められる
 ② 覚えておけば解答できる暗記中心の問題は出題されない。
 ③ 課題文・図表・写真・グラフなどから考えたことを論述する。
 ④ 答えが一つしかないような問題は出題されない。
 ⑤ 多くの学校では表現力も同時に評価の対象になる。

前述の英語入試と同様にすべての入試回を「思考力入試」として行う学校はありません。 一部の入試回で選択入試として導入されています。具体的には次のようなパターンです。

(男子校)


聖学院
聖学院
聖学院 首都圏男子校で唯一の「思考力入試」実施校です。9回の入試のうち 2/1PMが「2科・4科選択入試」または定員10名の「ものづくり思考力入試」、2/2PMは「2科・4科選択入試」または定員15名の「M型思考力入試」、2/4は定員5名の「難関思考力入試」と3回の思考力入試があります。

*「ものづくり思考力入試」はLEGOを使った非常にユニークな入試で、2016年入試の問題を例示すると、
問1.自分の得意なことをLEGOで表現しなさい。また出来上がった作品について150字程度で説明しなさい。
問2.資料を見て、この国で起きている問題は何かを考え,その解決策をLEGOで表現しなさい。また出来上がった作品について150字程度で説明しなさい。
問3.省略

*「M型思考力入試」
「思考力テスト」(60分100点)
「計算力テスト」(30分50点)の2科目で選考。

(女子校)

首都圏の女子校で「思考力入試」と称する入試を行っているのは都内の女子校だけです。

跡見学園 6回の入試のうち2/4の特待入試3回で定員20名の「英語スキル入試」と「思考力入試」の選択。 「思考力入試」は漢字力・計算力が各50点満点で計30分・思考力は150点満点で50分。

十文字 6回の入試のうち2/1に定員10名で思考力型特待入試。出題は理数系と社会系の記述式総合問題

東京女子学園 8回の入試のうち2/1に定員10名で「思考力テスト入試」。
出題は思考力Ⅰ(総合問題)と思考力Ⅱ(作文)。

(共学校)

かえつ有明 7回の入試のうち2/1に定員20名の「思考力特待入試」、2/2に定員10名の「アクティブラーニング思考力特待入試」。

工学院大附 6回の入試のうち2/3PMの定員10名の3回は「2科または英語または思考力入試」。2/5の定員10名の4回は「2科または4科または思考力入試」

淑徳巣鴨 6回の入試のうち2/2?般2回の定員25名「未来??試」で「思考の基礎?」と「思考の展開?」

東京成徳大 6回の入試のうち2/1PMの定員20名の1回午後で「2科入試または思考力入試Ⅰ・Ⅱ」

東京都市大等々力 7回の入試のうち2/3PMの定員20名(全定員180名に含む)の「アクティブラーニング型入試」。出題は検査Ⅰ(論文)、検査Ⅱ(思考力・協働力)

3.プレゼンテーション入試(プレゼン入試)

内容的には「思考力入試」と重なりますが、事前または入試当日に提示される資料文・グラフ・図表・地図などによる課題に対し試験官の前でプレゼンテーションを行う入試です。評価はプレゼンテーションの内容とともに表現力にウェイトがあるようです。なおプレゼン入試と同様な入試として「自己アピール入試」があり、ここでは合わせて見ていきます。

(男子校)

首都圏の男子校でプレゼン入試実施校は明法の「自己アピール入試」だけです。

明法 定員12名の2/3の3回。(作文20点・基礎算数20点・自己アピール60点)
自己アピールは自分がこれまで頑張ってきたことやユニークな取り組み、特に仲間と協力して頑張ってきたことについて発表。またこれについての質問に答える。資料や道具、プロジェクターやPCの使用も可。

(女子校)

大妻多摩 5回の入試のうち2/4に定員若干名で「プレゼンテーション入試」
国語・算数の筆記試験(各50分各100点)
プレゼンテーション試験 発表(日本語または英語)5分50点
質疑(日本語)5分50点

駒沢学園女子 9回の入試のうち2/1AMに定員5名で1回午前「プレゼンテーション入試」        自己アピール100点 プレゼンテーション100点 計45分


日大豊山女子
日大豊山女子
日大豊山女子 7回の入試のうち2/2PMの「思考力(プレゼン)型入試①」(定員10名)
2/11の「思考力(プレゼン)型入試②」(定員若干名)複数の与えられた課題から1つ選び、図書館やタブレットを使って調べ文章や絵、図や表などを用いてまとめ作業を行い(60~90分)、そのまとめを利用して自分の意見を発表。の後試験官からテーマを選んだ理由や考え方について質疑(5~10分)。




(共学校)


郁文館
郁文館
郁文館 13回の入試のうち2/2PMの定員5名の「ルーブリック評価型入試」
(ルーブリック評価とは学習到達度を示す評価基準を観点と尺度からなる表として示したもの。近年、大学や中高一貫校で導入が進んでいる)
プレゼンテーション 小学校時代に取り組んだ活動や将来の夢・目標などを活動報告書にまとめ(20分)、それをもとにプレゼンテーション(最大10分)、その後試験官とのQ&A(5分)。
3つの項目の評価基準がS・A・B・Cの4段階でつく。3項目すべてB以上が合格基準。

順天 5回の入試のうち定員5名の2/4PMの3回「多面的入試」
算数(50分100点)と国語(50分100点)または英語(50分100点)の200点満点を70点に換算し、マイ・プレンテーション(10分)のパフォーマンス評価30点満点と合計し100点満点。

日本工大駒場 7回の入試のうち2/2の定員10名の3回で2科・4科または自己アピール入試。2/5の定員10名の5回で得意2科目選択または自己アピール入試
「自己アピール入試」は国語・算数・英語から1科選択(45分)と自己アピール作文(400字以内45分)および面接(10分程度)。


昭和学院
昭和学院
昭和学院 8回の入試のうち4回がプレゼン入試。
12/6の定員10名の「第2回推薦 マイプレゼンテーション入試」で自己表現文とプレゼンと質疑応答。
12/6PMの定員10名の「第3回推薦 マイプレゼンテーション・イン・イングリッシュ入試」で日本語の自己表現文と英語のプレゼン・質疑応答。
1/21の定員10名の「マイプレゼンテーション入試」で自己表現文とプレゼンと質疑応答。
1/21PMの定員10名の「マイプレゼンテーション・イン・イングリッシュ入試」で日本語の自己表現文と英語のプレゼン・質疑応答。

千葉明徳  5回の入試のうち定員10名の12/1PMの「ルーブリック評価型入試」で事前提出の自己PRカードとプレゼンテーション(英語)とグループディスカッション。

4.その他の新タイプ入試

共立女子第二 2/4PMに定員10名で「サイエンス入試」
理科実験 レポート作成 発表

聖ドミニコ 2/4の第4回は「アクティブラーニング入試」
グループワークとワークシート作成(80分程度 100点) などがあります。

以上いくつかの新タイプ入試を見てきましたが、トップレベルの御三家やそれに準ずるようなレベルの学校では従来通りの4科入試(一部2科・4科入試)が行われ新タイプ入試は導入されていません(慶應湘南藤沢の英語入試を除く)。今後御三家レベルのような学校が新タイプ入試に対しどのように対応するのか注目していきたいと思います。

(おわり)

[次回予告] 「9月大手公開模試から2019年入試動向を予想する」

 有力校、難関校の志望動向から2019年度入試を予想します。一部の模試で志望者数の集計方法を変えたために、学校別・入試回別の各社合計の志望者数の前年比から入試動向をみることができませんが、個別の模試会社の特色を踏まえて志望動向を予測します。なおこの時期の中堅~下位の学校は志望動向が流動的なので今回は上位校を中心に見ていきます。

そうだったのか!中学入試 コラムTOPにもどる


学校紹介

  • 江戸川女子中学校
  • 桜美林中学校
  • 洗足学園中学校
  • 千葉日大第一中学校
  • 千葉明徳中学校
  • 共立女子中学高等学校
▼高校受験・入試情報へ
市進 受験情報ナビ
▼小学校受験・入試情報へ
桐杏学園
▼小学生・保護者の皆さまへ
  • 港区三田の幼児保育・学童保育
    クランテテ
  • 市進教育グループの民間学童
    ナナカラ
  • 計算力・漢桐杏学園問題集字力アップ
▼市進教育グループの個別指導
一人と向き合いじっくり伸ばす個太郎塾
▼市進教育グループの家庭教師
プロ家庭教師ウイング
▼茨城の中高受験指導は
市進グループ 茨進
▼学校の先生へ
  • 指導者向け・技術者向けDVD販売 ジャパンライム
  • 市進研修サービス

facebook市進学校情報 市進学校情報へ


TOP